事業承継ONLINEの記事一覧

  • 事業承継に向けた準備とその進め方

    現在、事業承継が円滑に進まない原因の一つに、事業承継の準備を行われていないことが挙げられます。これは、そもそも事業承継に準備が必要であること、事業承継の準備に5年~10年の期間を要すること、事業承継の準備の巧拙がその成否 […]

    続きを読む
  • 事業承継税制の概要と平成30年度税制改正大綱における変更点

    個人事業に対する事業承継税制は、被相続人等の事業用宅地等について80%評価減があり、事業用宅地等の20%を相続税の課税価格に含めるものです。これによって、個人事業主の経営の円滑な承継を図ることが目的とされています。 一方 […]

    続きを読む
  • M&A等における組織再編の重要性や事業譲渡と株式譲渡の違い

    近年、M&A等による事業承継、社外の第三者への事業承継が増えてきています。事業を第三者(個人、会社)へ引継ぐ方法は「譲渡」です。すなわち、会社の場合は株式譲渡又は事業譲渡、個人の場合は事業譲渡によって引継ぐことに […]

    続きを読む
  • 従業員承継における課題(株式の買取資金や関係者理解)と対応策

    従業員承継は、後継者が有償で株式や事業用資産を買取ることが多く、その買取資金の調達が問題となります。また、関係者の理解を得るのに時間がかかり、現経営者の親族との合意形成が重要となります。 1 従業員による資金調達 「従業 […]

    続きを読む
  • 親族内承継における債務・個人保証の承継にどう向き合うか?

    【1】 債務・個人保証の承継への対応の必要性 後継者が先代経営者の相続人となる場合、会社に対する保証債務も相続されることになります。個人事業主の場合、借入金も相続しなければなりません。また、自宅や事業用資産など不動産に担 […]

    続きを読む
  • 親族内承継における遺産分割問題の解決策

    株式や事業用資産は、先代経営者の個人財産であり、相続するときは相続財産となります。つまり、配偶者や子供などの相続人に相続されることになります。また、会社経営者の相続財産の中では、株式や事業用資産が最も大きな割合を占めるこ […]

    続きを読む
  • 親族内承継における株式・財産の承継方法

    親族内承継においては、先代経営者から後継者に対し、株式や事業用資産を贈与・相続により移転する方法が一般に用いられています。この場合、贈与税・相続税の負担が発生するが、事業承継直後の後継者には資金力が不足していることが多く […]

    続きを読む
  • 【親族内承継の課題】後継者の選定と育成、そして経営承継のポイント

    親族内承継における最も重要な課題は、後継者の選定と育成、そして経営のバトンタッチ(承継)です。 親族内承継には他にも税負担への対応や株式・事業用資産の分散防止、債務の承継への対応に関して、特に大きな課題が発生しやすいとい […]

    続きを読む
  • 廃業を選ぶ場合の準備や良い手続きの進め方

    事業承継について考えた結果、誰かに引き継ぐのではなく、廃業を決断するという場合もあります。ここでは廃業を行うということはどういうことなのか、また少しでも有利になるように廃業を進めていくための方法などをみていきます。 1 […]

    続きを読む
  • 弊社代表 岸田の執筆記事がダイヤモンドオンラインに掲載されました。

    弊社代表取締役、岸田康雄の執筆記事がダイヤモンドオンラインに掲載されました。 中小企業を救えない事業承継税制、3度目の改正でも的外れ 与党(自民・公明党)による2018年度税制改正大綱が発表され、「事業承継税制」が改正さ […]

    続きを読む
  • 事業承継における知的資産(経営ノウハウなど)を承継する方法

    【1】 事業承継の構成要素(知的資産) 後継者へ承継すべき経営資源の中では、知的資産が最も重要です。しかし、経営ノウハウ、信用・ブランド、技術や技能、顧客情報といった知的資産は、目に見えにくいものであるため、それらを承継 […]

    続きを読む
  • 事業承継の重要性と早期取組の大切さ

    中小企業経営者の高齢化が進み、今後5年から10年程度で、多くの中小企業が事業承継のタイミングを迎えようとしています。中小企業に蓄積されたノウハウや技術といった価値を次世代に受け継ぎ、世代交代によるさらなる活性化を実現して […]

    続きを読む
  • 事業承継スキルアップセミナーの講義ビデオ

    2015年に弊社が開催しました事業承継に関するセミナーの動画をお届けします。 講師は弊社最高顧問の小黒とコンサルティング部長の村上が務めさせていただきました。 事業承継に悩む方の参考となれば幸いです。 小黒 光司 事業承 […]

    続きを読む
  • 事業承継税制(非上場株式の納税猶予制度)の節税効果

    1. 事業承継税制の必要性 事業承継は、会社の社長を交代するだけよいというものではない。会社の社長は株主総会で選任される取締役から選ばれることから、株主総会を支配するに足る株式を所有しなければならない。それゆえ、先代経営 […]

    続きを読む
  • 事業承継の方向性が決まったときの経営承継の進め方

    子供が会社を承継する場合(親族内承継) 子供へ社長交代しますので、経営者として一人前になるよう、子供の後継者教育に着手します。一般的に、後継者の育成期間は5~10年程度かかるといわれています。関係者(取引先、従業員、金融 […]

    続きを読む
  • 【事業承継税制】贈与税の納税猶予制度から相続税の納税猶予制度への切り替え

    事業承継税制は、先代経営者から後継者への社長交代のタイミングで自社株式を贈与することを想定しています(相続の際に自社株式を相続人へ承継することは想定していません。)。つまり、先代経営者が贈与者で、後継者が受贈者です。 そ […]

    続きを読む
  • 事業承継の必要性と事業承継対策の概要

    1.なぜ事業承継の準備が必要なのか 今後も進む高齢社会の下で、中小企業の経営者の平均年齢は60歳(図表1)と、特に年々高齢化が進む資本金5,000万円未満の企業の経営者が平均を押し上げ、30年前に比べて約8歳上昇していま […]

    続きを読む
  • 親族内事業承継の3つの方法

    自社株式の「譲渡」と「贈与」の違いとは? 事業承継を行うためには、後継者へ自社株式を移転する必要があります。これには大きく3つの方法がありますが、下記でそれぞれ見ていきましょう。 ①後継者に対する自社株式の「譲渡」 自社 […]

    続きを読む
  • 事業承継における生命保険の活用

    事業承継では、先代経営者から後継者に自社株式を引き継がせることになります。後継者が子供でも従業員でも、事業承継に伴う混乱をできる限り抑えなければなりません。 事業承継を円滑に行うためには、自社株式の承継に伴う資金(買取り […]

    続きを読む
  • そもそも事業承継とは何か、振り返ってみよう

    事業承継とは何か 事業承継は、自分が経営する事業を、引退に伴い後継者に引き継ぐことです。会社経営者であれば、保有する株式を後継者へ引き継がせ、会社の経営権を譲ることです。この際、後継者に株式を引き継がせる際に、無償であれ […]

    続きを読む
  • 事業承継のために自社株の評価を下げる方法

    自社株式を後継者へ生前贈与する場合、評価をなるべく低くして、税負担を抑えたいと考えます。 非上場株式の評価は、国税庁の財産評価基本通達の「取引相場のない株式等の評価」に基づいて評価します。 【1】会社規模を変えることで自 […]

    続きを読む
  • 事業承継のために企業オーナーが保有株式数を減らす方法

    自社株の評価は「1株あたりの株価×株数」で決まりますので、相続発生までに株式数を減らしておくことは、相続財産を減らす上で最も有効です。 (1)暦年贈与の110万円基礎控除の活用 贈与税の基礎控除は、受贈者が何人いても、何 […]

    続きを読む
  • 事業承継の必要性とその対策

    1.なぜ事業承継の準備が必要なのか 今後も進む高齢社会の下で、中小企業の経営者の平均年齢は60歳と、特に年々高齢化が進む資本金5,000万円未満の企業の経営者が平均を押し上げ、30年前に比べて約8歳上昇しています。 中小 […]

    続きを読む
  • 業承継の4つの方向性

    企業オーナーの事業承継は、以下の4つの方向に向かいます。 第一は、親族内承継です。これは、オーナーが心情的に望んでいる方向であり、相続において事業用資産と実質的に個人資産が一体化している中小企業にとっては最も自然な資産承 […]

    続きを読む
  • 事業承継は、株式承継と経営承継を一体として考える

    企業オーナーが保有する資産は「非上場株式」です。すなわち、企業オーナーの相続対策は、企業オーナーが保有する「非上場株式」すなわち自社株式をいかに次世代に移転させるかという問題です。 業績好調で利益の内部留保が厚い会社、多 […]

    続きを読む
  • 一般社団法人を使った事業承継

    一般社団法人の設立はとても簡単 一般社団法人の設立はとても簡単で、公益目的でなくとも設立できます。設立時の組織は、最低3名(社員2名と理事1名、兼務可)が必要ですが、資本金は必要ありません。また、設立時の登録免許税は6万 […]

    続きを読む
  • 事業承継税制の適用要件が緩和されました

    非上場株式等の事業承継税制については、ドイツ、フランス、イギリスといった主要国において導入されていたことから、我が国においても平成21年の税制改正で創設され、現在に至っています。 この制度は、相続及び贈与にて取得する一定 […]

    続きを読む
  • 事業承継対策としての「デット・エクイティ・スワップ」

    デット・エクイティ・スワップの活用メリット デット・エクイティ・スワップ(Debt Equity Swap)とは、デット(債務)とエクイティ(資本)をスワップ(交換)することです。すなわち、債務と交換に株式を発行すること […]

    続きを読む
  • 株価を引下げる方法(5)「持株会社の設立」

    業績が好調で、翌期以降も黒字基調が継続すると予想される場合、将来的に株価が上昇して相続税負担が増加することは目に見えています。このような場合、緊急避難として持株会社を設立することにより、将来の株価上昇を軽減することが可能 […]

    続きを読む
  • M&Aに伴い同族株主間が株式を譲渡する場合の株価

    M&Aの実行に伴って、複数のグループ会社の組織再編を行うケースが多く見られます。株式譲渡や事業譲渡もあれば、非適格の組織再編のケースもあります。いずれにせよ、同族株主の間で株式を譲渡する場合、その株価が問題とな […]

    続きを読む
1 / 212